クラフトビールに不慣れですか?比較的新しい傾向であるクラフトビールは、小規模で独立した非法人の地ビール醸造所によって作られた職人のビールであり、通常のビールと比較して味の幅と複雑さが高く評価されることがよくあります。日本のクラフトビールは北米やヨーロッパほど人気が​​ありませんが、日本のビール醸造家は足を早く見つけており、バーやタップルームは全国の都市で急速に出現しています。

東京の予算が限られていて、ビールを飲みたくない場合は、自動販売機やコンビニエンスビールが最適です。しかし、お金があまり気にならなくて、ちょっと変わったものを求めているなら、東京のクラフトビールシーンをチェックしてみてください。幸いなことに、私たちはあなたを助けるために東京で最高のクラフトビールバーのリストをまとめました。

北九州の小倉の店を探すなら

ガールズバーや、ラウンジ、クラブや、スナックなど、いろんなお店がたくさんあります。でも、新しいお店に行くのはちょっと怖いですよね。
高かったら、失敗したら、思っていたのと違ったら・・
そんな貴方に、夜のあんないにんがお勧めです。
貴方が望むタイプのお店をあらかじめ調べていけば極端な話、露骨な失敗をしないようにできます。

 

1.ポパイ

東京の両国にある日本のクラフトビールシーンの創始者であるポパイは、70種類のビールを取り揃えています。スワンレイクヴァイツェン、ヴァンプインペリアルブラックエール、グレートディバイドオークインペリアルスタウト、ノグネ100、アウグストウィンターホワイトエールのような名前があなたを興奮させたら、ポパイはあなたのためのバーです。

17:00から20:00までのハッピーアワー契​​約では、ソーセージやピザなどのさまざまな無料の食べ物で飲み物を楽しむことができますが、ビールは引き続きメインイベントです。実際、非常に多くの選択肢があるため、いずれかを選択することは非常に困難です。ありがたいことに、Popeyeは先を考えて、10個のビールのサンプラーセットを考え出し、そのユニークなキャラクターを厳選しました。

 

2.クラフトビール市場

東京で最も賑やかなオフィス街の1つに位置するクラフトビールマーケットでは、30種類の日本のクラフトビールを提供しています。それぞれ780円というリーズナブルな価格で、この場所は市内で最も安いクラフトビールスポットの1つです。さらに、Craft Beer Marketの豊富なフードメニューから安いビールをお楽しみください。これらはすべて素晴らしい品質のものです。

 

3.ビアサウルス

東京は、テーマ に沿ったバーやレストランの部門で優れており 、その名前が示すように、ビアサウルスはリストに追加されたもう1つの優れた存在です。池袋にある大きな恐竜をテーマにしたバーは、大規模なグループに最適です。また、外に列を作るリスクを冒したくない場合にも最適です。

タップで5つのクラフトビールしかありませんが、バーはボトル入りビールの幅広い選択と幅広い食品オプションで補っています。通常、高価な側では、18:00から19:30までのハッピーアワー契​​約を活用して、タップビールの価格を半分に引き下げます。

 

4. 2匹の犬のタップルーム

東京で最も人気のあるナイトライフ地区の六本木の中心に位置するため、Two Dogs Taproomは多くのバーの1つであると考えるのは許されます。しかし、あなたは間違っているでしょう。2匹の犬は、主に日本自体から調達した24本のビールをタップして、他の犬よりも高くなっています。でもあります nomihoudai あなたの肝臓ができるようになりますできるだけ多くをサンプリングしたい場合は3600円で利用可能な(飲み放題)契約は。カリフォルニアスタイルのビーガンピザはフードメニューのハイライトですが、社内で醸造された六本木ペールエールは最も興味深いビールの1つです。

 

5. Goodbeerの蛇口

グッドビールフォーセットは、40の日本ビールと輸入ビールを取り揃えており、東京で最大のクラフトビールバーの1つです。ハッピーアワーには混雑が予想されますが、このバーはそれに似た他のバーほどきつく感じられず、ビールを安心して楽しむためのスペースが増えます。

隣のバーと比べると少し不毛だと思われるかもしれませんが、重要なのはビールで、Cream Ale、Cream Lager、Monster Ale IPA、元のGoodbeer Faucets Gyaru Blond、Redneck Amber Aleなどのハウスビールがあります進化を続ける選択、インテリアデザインの選択に関する懸念はすぐに解消されます。

 

6.デビルクラフト

15タップの定期的に変更される日本のビールと輸入ビール、さらに何を求めることができますか?まあ、おそらくいくつかの良い食べ物。心配する必要はありません。DevilCraftがあなたをカバーします。濃厚なモッツァレラチーズ、パルメザンチーズ、プロボローネチーズにデビルクラフトのオリジナルマリナラソースをトッピングしたシカゴ風の深皿ピザは、言うまでもなく東京の最高のピザの1つです。地獄のシュワルツ、Clearly Evil IPA、DevilCraft Beethoven Bedeviled、Devil John’s Brownなどの興味深いビールは、同様に美味しいビールの一部です。

 

7.ベアード原宿タップルーム

原宿の人混みと狂気の中 、原宿タップルームは歓迎されたクラフトビールの天国です。日本のクラフトビールの先駆者の一人は、ここで品質以外の何ものも期待しません。醸造所だけでなく、おいしい 焼き鳥 もあります。スタッフはフレンドリーで、サービスは一流です。主なビールには、ウィートキングウィット、ライジングサンペールエール、沼津ラガー、帝国IPA、島国スタウト、修善寺ヘリテージヘレスなどがあります。

 

8.ヨナヨナビアキッチン

ヨナヨナビアキッチンは、東京のクラフトビールバーシーンの新人であり、歓迎されています。冷えた雰囲気、素晴らしいサービス、素晴らしいビールのセレクションにより、1杯または2杯の夜のビールに最適です。

受賞歴のある長野のヨーホーブリューイングカンパニーと提携して、ヨナヨナは最新のビールを提供しています。クラフトビールと上質な料理のバランスを忘れないでください。ハイライトには、北海道産ハム、ヨナヨナビールで味付けした枝豆、自家製ジャンボソーセージ、タコ、プリンなどがありました。

 

9.キャンピオンエール

日本風のパブがあなたのお茶ではないなら、カンピオンエールはあなたがただ空想するかもしれないパブです。オーナーのジェームスウィリアムズの居心地の良いバールームでは、15種類のビールを取り揃えており、東京屈指の英国パブの1つです。あなたがそこにいる間に、彼らの伝統的なフィッシュアンドチップス、バンガーとマッシュ、ビーフシチューまたはステーキパイを試してみてください。同様の方法でパブのナッフネスを巧みに回避します。これは、本物のパイントだけが行う場合に最適です。

 

10.散水穴

代々木に行って、アメリカホームブリュワーズアソシエーションのホームブリュワーオブザイヤー賞の最初の非アメリカ人受賞者である所有者藤浦一里が提供するものをご覧ください。Watering Holeは、グレープコンバーセート、サプライズミー、フォーエバーシムコー、マイラーバッグ、クラッシュイットギャラクシーなどのハイライトをはじめ、毎日最高の21種類の地ビールを取り揃えています。野生の獣のように作り、次に機会があれば水飲み場に向かいましょう。

 

 

11.アンテナアメリカ

このパブが実際に横浜にあることを考えると、おそらくここで少しだまされているでしょうが、この選択は規則から少し迂回する価値があります。アメリカ人向けのこの場所は、西海岸のクラフトビールのビーコンです。グリーンフラッシュ、コロナド、ラグニタス、ベアリパブリック、バラストポイントなどのビッグネームを含む8つの回転タップが特徴で、ここではたくさんの飲み物を飲むことができます。さらに、ほとんどのビールの価格はわずか100円で、この場所も予算にやさしいです。

 

12. Ant ‘n Bee

朝の6時まで営業しているリストで唯一のクラフトビールバーは、夜更かし用です。他の人より少し小さいですが、運が良ければ座席を見つけることができます。Ant n ‘Beeでは、城端、Min面、北島、白鳥の湖などの醸造所から20種類の日本のクラフトビールを提供しています。素晴らしいサービスとフレンドリーな英語を話すスタッフにより、外国人は言語の壁がAnt n ‘Beeの楽しみの邪魔にならないことを確信できます。

 

13.うしとら

ちょっとしたお酒を飲みに行きたいときも、長距離を過ごしたいときも、うしとらがいい選択です。35回のタップで、急いで退屈することはほとんどありません。さらに、うしとらをユニークにしているのは、実際には2本のバーがあることです。1つは座席が少し小さく、もう1つはよりカジュアルなアプローチのための立ちバーです。少し高価ですが、ゆずセゾンおっく、Rai Jin IPA、Iwate Kura IPAはあなたの渇きを癒し、おそらく値札についての心配を和らげます。

 

14.クラフトヘッド

選択が一番の関心事である場合は、Craftheadsにまっすぐ進むと、その豊富な品揃え、均等に分けられた日本とアメリカのビールに圧倒されます。回転タップ、素晴らしいサービス、親しみやすいスタッフ、楽しい環境、ビールオタクはきっと喜ぶでしょう。

それは決して東京で最も安いジョイントではありませんが、お金が問題にならないなら、それは安全な賭けです。本当にすごい気分になったら、Dark Lord Imperial Russian Stout 2009のボトルを手に入れてみませんか?街の他​​の場所では見られない珍しいビール。

 

15.ベクタービール

新宿通りにある隠れたベクタービールは、東京で最も安い日本のクラフトビールバーの1つです。タップで17種類の地ビールをお選びいただけます。テーブル料金はかかりますが、価格はグラス450円、パイント750ですが、ここを訪れる価値はあります。ベクタービールの新宿ビールを試してみるか、ベアレン、プレストン、ハンシャロ、岩手倉、ベアード、oh面、六甲、ひたち野ネストなどの日本のビールをお楽しみください。

 

 

16.信州大酒村

長野アルコール村、または信州大酒村はかつて長野県からの酒しか提供していませんでしたが、最近では翼を広げ、最高級の長野クラフトビールもいくつか買うことにしました。

信州大酒村は、値段以上の値段でそれを売ることは失望しません。たとえば、たった390円の高級ビールである志賀高原や、たった280円の青鬼と東京黒を考えてみましょう。これらは、他の多くの東京のバーでは見られない価格です。さらに、日本酒を試してみたいと思っているなら、試飲セットがわずか1,100円で手に入ります。しかし、それがあなたの目的であるなら、 どこに向かう前に私たちの専用ガイドをチェックしてください。

 

 

 

 

Back To Top